障がい者を対象にしたホームヘルパーの仕事をするには、障がいの特性に対する理解と専門的な知識が必要です。この研修は、介護職員初任者研修修了者の方を対象に、障がい者が安心して利用できる介護サービスを提供できるよう、障がい者ホームヘルパーが行う業務に関する知識、技術を習得することを目的として開催するものです。この機会にぜひご受講ください。

受講資格

次の全ての条件を満たす方

  1. 大阪府内にお住まいの又はお勤めの方
  2. 全てのカリキュラムを指定された日時に受講可能な方
  3. 介護職員初任者研修修了者または、平成25年4月1日において既に訪問介護員(2級)従業者養成研修を修了している方で、今後、居宅介護従業者(障がい者ホームヘルパー)としての活動を希望する方

受講期間

平成30年8月2日(木曜)から10月26日(金曜)

募集定員

90名

受講料

3,000円(資料代、実習費等の実費相当分)
※受講決定後に銀行振り込みでお支払いいただきます。また、振り込み後の返金はいかなる場合もいたしません。

受講会場

【講義】大阪赤十字会館、大阪市立社会福祉センター
【実技演習】福祉関係の専門学校
【実習・見学】障がい者支援施設等

申込方法

【受付期間】 平成30年6月1日(金)~平成30年7月20日(金)必着(受付期間を延長しました!)
【申込先】 〒543-0072 大阪市天王寺区生玉前町5番33号
             大阪府障がい者社会参加促進センター内
      社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会「居宅介護職員初任者研修」係
【同封書類】
 (1) 居宅介護職員初任者研修受講申込書・就労証明書(就労している方)
 (2) 介護職員初任者研修または訪問介護員養成研修2級課程修了証明書の写し
 (3) 市販のはがき(受講申込結果通知用)
   ※はがきの表には住所・氏名をご記入ください。
  ・(1)~(3)の書類を同封のうえ、郵送してください。
  ・申込は郵送でのみ受付します。
【個人情報】
 申込時の個人情報については、当研修の目的以外には使用いたしません。

受講決定

受講の可否については、申込書到着の先着順とし、同封していただいたはがきで結果を通知いたします。(電話でのお問い合わせはご遠慮ください。)

修了証明書

【修了要件】 次のすべての条件を満たす方に修了証を交付します。

  1. 全課程を出席した方
  2. 筆記試験による講義部分の修了評価の結果が、所定の水準(6割以上)を超える方、または、再試験により所定の水準を超えることが確認できた方
  3. 演習において、介護技術の習得を確認できた方

 【欠席をした場合】

  1. やむを得ず欠席をした場合は、次年度に実施する当研修において、欠席した科目を受講し、修了評価を受講することにより修了証明書を交付します。(ただし、次年度の研修実施を確約するものではありません。)
  2. 上記1の修了証明書の交付を受けるには次の要件を満たす必要があります。
    ① 欠席理由がやむを得ない理由であり、事前に届出を受けて事務局が確認したものに限る
    ② 欠席した時間数が講義については全37時間のうち12時間までとする
    ③ 次年度に欠席した科目を受講し、その科目の修了評価の結果が所定の水準(6割以上)を超えること
    ④ 実技演習または実習・見学を欠席した場合は、実技演習は12時間、実習・見学は4時間の全時間を受講する
    ※ 欠席した科目を受講する場合は、次年度の受講料は1,000円となります。

注意事項

実技演習、実習・見学等いずれも受講者の都合で研修日程及び受講会場を変更することはできません。

受講案内

  1. 受講案内: [PDFファイル/350KB](別ウインドウ)
  2. 受講申込書: [Excelファイル/31KB](別ウインドウ)

参考リンク

詳細は、下記の大阪府のホームページをご覧ください。

お問合せ

社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会 「居宅介護職員初任者研修」係
TEL 06-6775-9115
FAX 06-6775-9116