社会への完全参加と平等の実現

協会の事業

  • HOME »
  • 協会の事業

社会福祉法人  大阪障害者自立支援協会は、次の社会福祉事業及び公益事業を行っています。

1 社会福祉事業

(1)障がい者支援施設「大阪ワークセンター」の経営

    障害者総合支援法(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)が規定する障害福祉サービスのうち、生活介護、短期入所、施設入所支援、就労移行及び就労継続支援の各事業を実施し、日中活動支援の定員は60人、夜間支援(施設入所支援)の定員は18人としています。(令和元年7月現在)
    施設運営に当たっては、創設以来の基本理念を揺るがすことなく、ご利用者の尊厳を守り、一人ひとりの人格や意思を尊重した運営に努めるとともに、利用者に対する適切かつ効果的な障害福祉サービスを提供しています。

(2)軽費老人ホーム「ケアハウス・OSAKA歓の里」の経営

    老後生活の安定に寄与するため、入居者がより安心して暮らせる生活の場として、食事、入浴、各種相談を行い、入居者の希望や意思及び人格を尊重した、健康で明るく生活が送れるようにサービスを提供するとともに、介護保険法に基づく特定施設入居者生活介護事業として、介護を必要とする高齢者の生活支援サービスを提供しています。

(3)老人デイサービスセンター「歓の里デイサービスセンター」の経営

  利用者一人ひとりの意思や人格を尊重しながら、利用者のニーズに合った指定地域密着型通所介護事業及び介護予防・日常生活支援総合事業通所型サービスを実施し、利用者が安心して在宅生活を送れるよう心身機能の維持向上や社会的孤立感の解消並びに家族の身体的、精神的負担の軽減を図る介護サービスを提供いたします。介護が必要な高齢者の日常生活をより豊かなものにするため、日常動作訓練、健康チェック、入浴、食事、レクリエーションなどのサービスを提供しています。利用者の居宅からデイサービスセンターまでの送迎も行っております。

(4)身体障害者福祉センターの経営

・「国際障害者交流センター(愛称ビッグ・アイ)」

  国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)は、「国連・障害者の十年(1983~1992年)」を記念して、2001年(平成13年)に厚生労働省(当時は厚生省)が、障がい者の「完全参加と平等」の実現を図るシンボル的な施設として設置しました。
  2011年から、当法人が代表法人として、共同企業体「ビッグ・アイ共働機構」を結成して、国から管理運営を受託しています。
  ビッグ・アイでは、障がい者の国際交流・協力事業、芸術・文化活動事業、重度・重複障がい者を含むすべての障がい者の交流事業、大規模災害時の後方支援事業などを行っているほか、大阪府からは「大阪府障がい者芸術・文化魅力強化・発信事業」を受託しています。

・「大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪)」

  昭和56年の国際障害者年を契機に、ノーマライゼーションの理念に基づき、スポーツ・文化・レクリエーションを通じて、障がい者の社会参加を促進し、理解と交流を図るふれあいの場として設立された「大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ)大阪」の指定管理者として、当協会と公益財団法人フィットネス21事業団で構成する「ファインプラザ大阪運営事業共同体」を結成して、大阪府から管理運営を受託しています。ファインプラザでは、生涯スポーツから競技スポーツまで幅広いスポーツの振興事業やすべての利用者が安心してスポーツを楽しむことができるプログラムを用意するなど障がい者はもとより、府民だれもが「する」「みる」「支える」スポーツに親しむことができる事業を行っています。

2 公益事業

(1)社会参加促進事業

・大阪府障がい者社会参加促進センターの管理・運営

  障がい者の社会参加の拠点として、障がい者福祉関係団体の事務室や共同利用室としての利用に供するほか、会議や講演会、研修会にご利用いただける貸室をご用意しています。

・「大阪府障がい者110番」事業

  大阪府から「大阪府障がい者社会参加促進センター事業」を受託し、障がい者の権利擁護、福祉サービスや日常生活に係る相談などについて、専従の相談員が応じています。電話又はFAXなどで受付し、関係機関や障がい者相談員などとの連携を保ちながら問題解決を図ります。
  また、より多くの障がい者に社会参加の機会と社交の場を提供するため、リフト付き観光バスなどを利用したレクリエーション事業を年3回実施しています。

・大阪府盲ろう者通訳・介助者派遣事業

  大阪府から「盲ろう者通訳・介助者派遣事業」を受託し、視覚と聴覚に障がいのある盲ろう者のコミュニケーションや移動などを支援して、自立と社会参加を促進するため、通訳・介助者を派遣する事業を行っています。

(2)就労支援事業

・大阪府ITステーション就労促進事業

  大阪府から「大阪府ITステーション就労促進事業」を受託し、障がい者の就労支援として、雇用・就労に関する相談事業、IT講習・訓練事業を行っています。また、大阪府障がい者ITサポーターの養成を行い、地域等でのIT講習会への講師派遣、在宅重度障がい者への支援機器の利用相談等やITサポーターを操作指導として派遣を行うなどの支援も行っています。併せて、在宅でIT学習ができるeラーニング講座、メールマガジンなどの情報発信を行っています。

・障害者能力開発訓練事業

  大阪府ITステーション内に「大阪府ITステーションジョブトレーニングセンター」を設置し、厚生労働省の運営助成及び大阪府からの委託を受けて、身体障がい者を対象に高度かつ広範なITスキルを付与する1年制、定員20人の特別委託訓練「ITスキル科」を実施し、障がい者の雇用の促進を行っています。

(3)yoi美代子氏福祉基金運営事業

  故 yoi美代子さんのご遺志に基づき、「 yoi美代子氏福祉基金」を設置し、基金事業として府内の障がい者施設に支援機器の寄贈を行っています。

(4)居宅介護支援事業所「歓の里ケアプランセンター」の管理・運営

  地域住民の在宅生活を支える居宅介護支援事業所として、要介護状態となった利用者が可能な限り居宅において、その有する能力に応じた日常生活を営むことが出来るように支援するとともに、地域の社会資源や各事業所と連携をはかり、利用者が安心できる生活が送れるようケアマネジメントを提供しています。

(5)啓発事業

・「福祉広報」の発行

  障がい者福祉関係施策や当協会の各種行事等の情報を障がい者関係団体や行政機関等に提供して、広く障がい者に対する正しい理解と認識を深めるため、「福祉広報」を年・6回発行しています。

・「共に生きる障がい者展」の開催

  障がい者の生活の質の向上に資するため、障がい者が触れ、体験することができる日常生活用具や情報通信機器を幅広く、一堂に集めて展示する「情報通信機器展・ユニバーサルデザイン生活展」、障がい者の文化芸術創造活動や社会参加の促進に寄与するため、文化芸術に関する「芸術文化コンテスト」など大阪府及び大阪府教育委員会と共催して、「共に生きる障がい者展」を開催しています。また、障がい者が制作した手工芸品、陶芸品、絵画、写真等を展示、販売することにより、障がい者の社会参加を促進するとともに、府民に対する障がい者理解の啓発を行うため、「障がい者作品展」を併せて開催しています。

(6)人材育成事業

・大阪府盲ろう者通訳・介助者養成研修及び現任研修事業

  大阪府から「盲ろう者通訳介助者養成研修事業」を受託し、視覚と聴覚に障がいのある盲ろう者のコミュニケーションや移動などを支援する通訳・介助者を養成するとともに通訳・介助者の資質の向上を図る現任研修を開催しています。

・障がい者ホームヘルパー知識習得(居宅介護初任者)研修事業

  大阪府から「障がい者ホームヘルパー知識習得(居宅介護初任者)研修事業」を受託し、介護職員初任者等を対象に、障がい者が安心して利用できる介護サービスを提供できるように、障がい者ホームヘルパーが行う業務に関する知識、技術を習得することを目的として研修会を開催しています。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.